本文へスキップ

↑ この部分にマウスを合わせると、メニューが表示されます

読書カレンダー


 現在、予定されている読書関係イベントのご紹介です。

●通年
 ●2018年

通年

イベント名 内容 問い合わせ先
日販おはなしマラソン 今月は、どこの本屋さんでやっているかな?
本屋さんでの楽しいおはなし会
東海ラジオ『絵本の時間 おはなしマラソン』、
KBCラジオ『徳永玲子の絵本の時間 おはなしマラソン』も好評放送中です!
日販おはなしマラソン
講談社
本と遊ぼう
全国訪問おはなし隊
おはなしの旅はただいま日本列島8周目。
本を積んだキャラバンカーがあなたの街を訪問、おはなし会を開きます!
今月の訪問都道府県、現在訪問希望受付中の都道府県など、詳細はおはなし隊ホームページまで
講談社 本と遊ぼう 全国訪問おはなし隊
JWord本プレ 子どもたちに素敵な本との出会いをプレゼントしよう!……本プレサイトでのクリックなどで集めた仮想募金で全国の小学校に図書を贈るプロジェクト
国際アンデルセン賞・
IBBYオナーリスト受賞図書展
全国各地を巡回する世界の絵本・児童書の展覧会。会場・日程につきましては、JBBYまでお問い合せください

JBBYでは、これらの図書展を実施してくれる図書館・施設を募集中です。展示にかかる費用などはJBBYまでお問い合せください
日本国際児童図書評議会(JBBY)
音と絵本のお話会

会場=埼玉県さいたま市、愛知県名古屋市・犬山市など
簡単な内容:朗読劇と音で絵本の楽しさを伝える、お母さんボランティアグループです。年間を通じて、埼玉県さいたま市、愛知県名古屋市・犬山市の幼稚園・保育園・小学校の授業、公民館、児童館などでお話会を開催しています

公演内容・公演予定など詳細は音と絵本のお話会まで
音と絵本のお話会
ビブリオバトル

会場=全国各地 
「人を通して本を知る。本を通して人を知る」知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト。

ビブリオバトルの手順やルール、各地での開催状況を紹介しています。 お近くの会場を見つけたら、ぜひ参加を!
知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト
YA読書クラブ

会場=ポプラ社 絵本ルーム
(東京都新宿区)ほか 
12歳から19歳の本好きのための読書クラブ。年に4回の開催が予定されています。

各回のテーマの本を読んできて、印象に残った場面・人物、魅力に感じた言葉などを交換しあいます。参加者同士が「おすすめの一冊」を持ち寄り、紹介し合うコーナーもあり。

司会進行を務める世話人は、門田奈穂子(児童書編集者)と梨屋アリエ(児童文学作家)のふたり。大人は参加できませんが、テーマ本の担当編集者が見学にくることもあります

参加費無料。参加には事前の申込が必要です。開催日・会場・申込方法など詳しくはYA読書クラブまで
YA読書クラブ
YA*cafe

会場=東京都・渋谷の喫茶店など
児童文学作家・梨屋アリエが世話人を務める、YA作品を読む人、YA作品を知りたい人なら誰でも参加できる「YA作品について、気楽におしゃべりする会」です。2か月に一度の開催を予定しています

指定のテーマ本について語り合います。おすすめしたいYA作品がある方は、ぜひお持ちください

会場は東京(渋谷)の喫茶店や公民館。参加費(費用)は会場によって異なります。当日飛び入りも可能ですが、席の予約を入れるので、参加確定の方は5日前までに申し込んでください。開催日・会場・申込方法など詳しくはYA*cafeまで

次回は8月26日、会場は東京芸術劇場 5階 ミーティングルーム3。テーマ本は『夜露姫』(みなと菫)です。
YA*cafe

このページの先頭へ

2018年

~8/31 「これから出る本」読後感想文 募集
日本書籍出版協会発行の近刊情報冊子「これから出る本」が募集する読後感想文。優秀作(3点)は、「これから出る本」に随時、掲載されます。

優秀作(3点)には1万円分、佳作(5点)には3000円分の図書カードが賞金として贈られます。応募方法など詳細は、右のバナーから。
~8/31 「これから出る本」表紙イラスト 募集
日本書籍出版協会発行の近刊情報誌「これから出る本」の表紙イラスト募集です。入選作(4点)には3万円分の図書カードが賞金として贈られ、2019年に発行される「これから出る本」の表紙に掲載されます。

応募方法など詳細は、右のバナーから。

7/21~9/24
没後10年 石井桃子展~本を読むよろこび~ 
会場=県立神奈川近代文学館
(神奈川県横浜市)
編集者・翻訳家・作家として活躍し、また児童文学研究、先駆的な家庭文庫の開設などにより、日本児童文学の世界に大きな影響を残した石井桃子さん。ひたすら前を向いて仕事にうちこみ、子どもたちに本を読むよろこびを伝え続けた101年の生涯の足跡をたどります。

会期中には、記念対談、ドキュメンタリー映画の上映など関連イベントが予定されています。開館時間、休館日、イベントスケジュールなど詳細は神奈川近代文学館まで。
県立神奈川近代文学館

7/21~9/25
いわさきちひろ生誕100年「Life展」
子どものへや トラフ建築設計事務所
会場=安曇野ちひろ美術館
(長野県松川村)
2018年、いわさきちひろ生誕100年を記念し、ちひろが大切に描いた「Life」をテーマに、さまざまな分野で活躍する7組の作家がコラボレートします。

いわさきちひろは子どもの居場所をどのように描いたのでしょう? トラフ設計事務所は、ちひろの絵の子どもたちがかぶっている「帽子」に着目し、そこに子どもが安心できる小さな空間を見いだしました。ちひろが好んで描いた麦わら帽子のへやをつくり、会期中にはワークショップやおはなし会などさまざまな体験のできる場とします。

会期中には関連イベントも予定されています。入場料、開館時間、休館日などは、安曇野ちひろ美術館へお問い合わせを。
安曇野ちひろ美術館
(いわさきちひろ生誕100年「Life」特設サイト)
7/28・29 第19回 絵本ギャラリーin奈良
会場=ならまちセンター
(奈良県奈良市)
「ひらけ小さな芽! 絵本がくれる宝物」をテーマに開催される、絵本のおまつり。

奈良市出身の画家・絹谷幸二さんの「おはなしとワークショップ~色彩と遊ぶ~」、人形劇団クラルテの公演『おーいペンギンさーん』のほか、地元ボランティアや高校生たちによる読み聞かせや人形劇などのイベントがいっぱいです。

入場無料、イベントスケジュールは実行委員会のホームページをご覧ください。
絵本ギャラリーin奈良実行委員会

7/28~10/28
いわさきちひろ生誕100年「Life展」
あそぶ plaplax
会場=ちひろ美術館・東京
(東京都練馬区)
2018年、いわさきちひろ生誕100年を記念し、ちひろが大切に描いた「Life」をテーマに、さまざまな分野で活躍する7組の作家がコラボレートします。

子どもは、あそびながら、さまざまなことを体験し、体全体で、この世界を知覚していきます。多様なメディアを使い、体験型の作品を展開し続けるアートユニットplaplaxが「あそぶ」をキーワードに、ちひろとコラボレート。見て、触れて、ちひろの世界をあそびながら体感する展覧会です。

会期中には関連イベントも予定されています。入場料、開館時間、休館日などは、ちひろ美術館・東京へお問い合わせを。
ちひろ美術館・東京
(いわさきちひろ生誕100年「Life」特設サイト)
8/20・21 第50回 日本子どもの本研究会 全国大会─福岡大会
つなげよう読書の世界~子どもの本 これまでとこれから~
会場=Active Resorts福岡八幡
(福岡県北九州市)
毎年恒例の日本子どもの本研究会全国大会、今年は福岡県北九州市での開催です!

記念講演は宮川健郎さん(児童文学研究者)「『声』をもとめて─児童文学と読書運動の現代史─」、講演は岩瀬成子さん(児童文学作家)「家族と子ども」。そのほか、講座・ワークショップ、夜のつどい、分科会など多彩なプログラムが予定されてます。

参加には事前の申し込みと参加費が必要です(締切7/30、それ以降は問いあわせください)。参加申し込み方法や詳しいスケジュールは日本子どもの本研究会まで
日本子どもの本研究会

9/23
『赤い鳥』創刊100年記念「朗読とシンポジウムの集い」「『赤い鳥』を語る」
会場=県立神奈川近代文学館
(神奈川県横浜市
大正期の童話童謡雑誌『赤い鳥』が創刊から100年。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」、新美南吉の「ごん狐」などの童話や、北原白秋の童謡など、今も読み継がれる童話を味わいつつ、日本の児童文学・児童文化の風景を一変させたともいえる『赤い鳥』や同時代の童話、童謡、そして童画をめぐって、その内実や意義について考えます。

プログラムは、・朗読:山根基世さん(元NHKアナウンサー) 有島武郎「一房の葡萄」 ・シンポジウム「『赤い鳥』が目指したこと」 パネリスト=佐藤宗子さん(千葉大学教授)、松本育子さん(刈谷市美術館副館長)、矢崎節夫さん(童謡詩人・金子みすゞ記念館長)、コーディネーター=宮川健郎さん

参加にはチケットが必要です。チケット購入方法、プログラム詳細などは神奈川近代文学館まで
県立神奈川近代文学館

10/19・20
第104回 全国図書館大会 東京大会
市民とともに成長する図書館─図書館専門職の力─
会場=国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京都渋谷区)
19日のシンポジウム「市民とともに成長する図書館─図書館専門職の力─」では、市民とともに課題解決への取り組みを推進する図書館を紹介、その取り組みや活動を通して展望される図書館の未来について討論し、参加者と共有します。

20日は各種分科会と展示会を開催。

参加には事前の申し込み(締切9/21)と参加費が必要です。申し込み方法、会場案内、シンポジウム・各分科会・展示会の詳細などは全国図書館大会東京大会サイトまで。
第104回 全国図書館大会 東京大会