本文へスキップ

↑この部分にマウスを合わせると、メニューが表示されます。

野間読書推進賞


 読書推進運動協議会は、1971年度(昭和46年度)より、読書推進賞(1985年度より「野間読書推進賞」と改称)を設定して、地域・職域・その他において長年読書推進運動に貢献し、業績をあげられた個人および団体を顕彰しています。
 この賞は、講談社社長・故野間省一氏より、1969年(昭和44年)に当協会の社団法人設立を機に基本財産として金1千万円、1979年(昭和54年)に講談社創業70周年を記念して金1千万円を、さらに1987年(昭和62年)に同80周年を記念して金2千万円の寄付を受け、その基金を中心にして贈呈するものです。
 毎年、初夏の頃に各都道府県読進協など全国より受賞候補者の推薦を募り、厳正なる協議ののち受賞者を決定、読書週間中の11月上旬に東京の出版クラブビルにて賞贈呈式を挙行します。

野間読書推進賞 賞牌


2014年度 第44回野間読書推進賞 受賞者

2022年9月20日(火)の選考委員会において、第52回「野間読書推進賞」が受賞者が決定いたしました。
●団体の部

賞状・賞牌
副賞(30万円)  
萠えぎの会
(群馬県前橋市)
 1974年設立。前橋こども図書館を中心に、保育所、児童養護施設、高齢者施設などでも数多くのおはなし会を開いています。読み聞かせと歳時記を活動の中心に据え、外部の研修会へも積極的に参加し、後進の育成にも取り組んでいます。牛乳パックを使った手作り絵本などのワークショップも好評です。
近江八幡おはなし研究会
(滋賀県近江八幡市)
 活動の原点は1961年、子どもたちにおはなしの世界をもっと楽しんでほしい、市民に子どもの読書の大切さを知ってほしいと、近江八幡市立図書館の利用者が自主的に絵本や児童書の研究会を始めましたす。以来61年間、一貫して子どもたちへおはなしを届け、保護者・教師などへの啓蒙活動を行っています
●個人の部

賞状・賞牌
副賞(20万円) 
 
渡邉満洲子さん
(愛知県設楽町)
 1972年より児童文学の作品研究や読み聞かせを継続。1994年に津具村(当時)へ帰郷し、1800冊の蔵書で家庭文庫「きらきら文庫」を開きました。文庫は渡邉さん在宅時はいつでも利用可能。地域の子どもたちの、また、子育て世代の居場所として親しまれています。
 ●奨励賞

賞状・賞牌
副賞(5万円) 
 
 法崎よし子さん
(大分県竹田市)
  退職後、「保育士の経験が活かせるのでは」と、竹田市立図書館のボランティアに応募。以来、10年、主に0歳児〜就学前幼児と保護者を対象に、絵本の読み聞かせなど続けています。幼稚園、ブックスタート会場と定例活動会場も多く、図書館でのおはなし会はのべ500回を越えています。
 ●功労賞

賞状・賞牌
副賞(5万円)
山本清治さん
(鹿児島県鹿屋市)
 十分に本が読めなかった子ども時代の悔しさから、60年にわたり、ご自身の母校である鹿屋市立西俣小学校に図書費を寄附。同校には「山本文庫」が設置され、子どもたちに利用されています。

2022年度の贈呈式は11月7日に出版クラブビルで開催しました。
(新型コロナウイルス感染症対策として、規模を縮小して挙行予定)


2022年度 贈呈式(2022年11月7日 出版クラブビルにて)

 
2022年の受賞者および関係者のみなさんと
読進協・野間会長、野上選考委員、秋本選考委員、黒木選考委員
野間会長の
開式あいさつ
萠えぎの会のみなさんは
実演も披露!
近江おはなし研究会のみなさんと
近江八幡市立図書館長
笑顔がチャーミング!
渡邉満洲子さん
山本清治さんのお孫さん、川井田新介さん。
母校・西俣小学校を生涯思った、山本さんの姿を紹介
会場に展示された萠えぎの会の牛乳パックで作った
手作り絵本を手に取る、渡邉満洲子さん

機関紙『読書推進運動』12月号で、2022年度の受賞者業績を詳しく紹介しています